青表へり無し作業

琉球表

七島イ(しっとうイ)という草を裂いて手織り(はん自動)で、織られています。
 流球表や青表などと呼ばれ、現在では、大分県が希少な産地です。
びんご表とは、また違う、いい匂い(あお臭い)がします。
昔は、この辺の地域でも作っていたようです「東金市など」!! 
(当店の、お客さん)のなかでも、何件かの農家の方は、昔、作られていたそうです。
  なかには、織るはたおり機を、今でもお持ちになられる方もいます。
この辺では
琉球表を「野郎タタミ」  びんご表を「おんなタタミ」と呼ぶ方もいます。
見た目、同様、荒々しく、とにかく丈夫! KING OF へり無し加工の王様と言ったところです。

青表
包丁当て
水で十分湿らせて、包丁を当て折目を付け、
折っていきます。
手で折り込む
返し縫い
包丁で折った後にさらに手で、
しっかり折り込んでいきます。
返し縫いです。
へり付きと違い、畳屋が肘宛を付けて、
肘でグイグイの行程は有りませんが、
もうここ迄くれば、すいすい縫っていきます。(笑)
角作り
糸締め
角の部分を作っています。
縁無し完成
返し糸を引張りながら、金槌(げんのう)で叩き、
糸を締めていきます。
完成です。(^_^)

ホームに戻る

Copyright (C) Tomoo Sugita. All rights reserved